アルテ9話ネタバレ

アルテ9話見逃し配信

おとなしい女の子だと思っていたカタリーナ。

 

とんでもないやんちゃな「おこちゃま」だった・・・・・・

 

さあ、どんな展開が待っているのか?というところで続く8話でした。

 

さて、アルテを見逃してしまったというあなたにおすすめの動画サイトをご案内します^^

 

見逃し配信サイトはいまのところ、FODプレミアムのみです。

 

FODプレミアムロゴ

 

⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

では、アルテの公式サイトから発表されているあらすじをどうぞ。

 

アニメ アルテ9話「悪童」あらすじ

 

ユーリの姪であるカタリーナの家庭教師をするため、ヴェネツィアにやってきたアルテ。

 

ユーリやカタリーナの母親であるソフィアたちからの期待に応えるためにカタリーナと向き合おうとするアルテだったが、カタリーナはいっこうに真面目に授業を受けようとしない。

 

カタリーナがきちんとした振る舞いをしない理由とはいったい・・・。

 

アルテの公式サイトの9話のあらすじ引用

 

※以下からネタバレが始まりますので、見たくないって方は独占配信中のFODをご覧ください。

 

 

 

アルテの8話終了間際から9話のネタバレ&感想

 

ヴェネツィアに到着して向かったユーリにの姪っ子のカタリーナの自宅。

 

そこで出会うカタリーナの母親のソフィアに目を奪われつつも、恥ずかしがり屋だというカタリーナでした。

 

しかし、母親のソフィアがいなくなるとカタリーナの人格は急変、女王様キャラになってしまっていたのである。

 

しかもそれがカタリーナの本当の性格というか家庭教師を困らせている原因となっている性格であった。

 

その後の展開から第9話が始まります。

 

アルテ9話「悪童」スタート!

 

9話のタイトル通り本当に悪童ぶりが半端ない(笑)。

 

どのような展開になっていくのでしょう^^

カタリーナたちに挨拶が終わった後に初めての晩餐に場面は変わっていきます。

 

そこで見た光景は、カタリーナはフォークやナイフなどは使わず手づかみで食事をしている。

 

そのしつけを父親から頼まれるアルテだった。

 

カタリーナは不満の表情をアルテは不安の表情が出てきていた。

 

カタリーナに対する父親の態度・雰囲気は非情な感じを受けちゃいましたね。

 

カタリーナの真実

 

家庭教師の仕事が始まってカタリーナとの接触が始まった。

 

さらに正体がわかってきたのである。

 

そして使用人の女性から家庭教師が何人も辞めていった事実を知らされ愕然とするアルテであった。

 

アルテの嘘のない、そして使用人に対する礼節ある態度が女性までも味方になってくれたのですね〜。

 

その事を気に病んで夜に家の周りを歩いているとカタリーナの部屋に明かりが付いていることに気がついた。

 

翌日、教会で写生をしに行くと工房に勤めていることを男性にバカにされた。

 

アルテは大笑いする。

 

その事によって、ヴェネツィアもフィレンツェも一緒だと気が付き、開き直ることができた。

 

開きおったアルテはカタリーナに優しく強硬手段に出ていく。

 

さらに家庭教師の授業が必要ないことがわかったアルテは違ったアプローチでカタリーナに接していくのです。

 

すこし打ち解けていくカタリーナであった。

 

カタリーナの何気ない一言がきっかけに

 

「昼間寝てないと夜眠くなって困ってしまう」という言葉が気になった。

 

翌日、母親のソフィアとカタリーナに付いて話を聞いていた。

 

その夜カタリーナの部屋に行くとカタリーナが夜に料理の勉強をしていたことを知ってしまう。

 

そのことを両親に告げ口されることを覚悟していたがアルテはカタリーナの秘密は自分の心にしまっておいたのです。

 

きっと今までの家庭教師さんだったら、両親に報告しちゃったんでしょうね。
でも、アルテは自分とカタリーナの問題だからと言わなかった。

 

両親に料理のことを知られてもう料理ができないようになる覚悟はしていたがそうはならなかった。

 

その一件でカタリーナはアルテに信頼を寄せるようになっていくのでした。

 

アルテは秘密を探ろうとしたことをカタリーナに謝っていた。

 

さらに信頼ができる相手だとカタリーナは思ったのか、晩餐会でアルテが知りたいことを教えると告白の約束をしたのだった。

 

どういったことが知らされるのか?

 

なにが秘密なのか?

 

10話で明かされることになります。

 

 

FODプレミアムロゴ

 

⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

 

 

page top