アルテ11話見逃し

アルテ11話見逃し配信

いよいよ最終回前の11話になっちゃいましたね。

 

カタリーナに打ち解けてもらってきたアルテ。

 

家族とも和解しつつあるカタリーナがどうなっていくのか楽しみになってきます。

 

さて、アニメ アルテを最初から見てみたいって方にオススメのサービスを紹介します。

 

見逃し配信サイトはいまのところ、FODプレミアムのみです。

 

FODプレミアムロゴ

 

⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

では、アルテの公式サイトから発表されているあらすじをどうぞ。

 

アニメ アルテ11話「ファリエル家の肖像画家」あらすじ

 

アルテはカタリーナたちを連れて工房の見学にやってきた。

 

女性で貴族出身で教養もあるのは羨ましい」と工房の徒弟から言われた何気ない一言にアルテは戸惑ってしまう。

 

工房見学の一件以降、アルテは朝から晩まで一日中がむしゃらに絵の勉強を続ける。

 

そんな中、アルテは無理がたたって倒れてしまう。

 

アルテの公式サイトの11話のあらすじ引用

 

アルテの10話終了間際から11話のネタバレ&感想

 

カタリーナが母親のソフィアを和解して一歩前進した10話の終わりから今後どうなっていくのかという期待から11話が開けていきます。

 

まずはオープニングから。

 

完全にアルテにこころを打ち解けたカタリーナ。

 

しかし、アルテがカタリーナの母親のソフィアに肖像画ばかりに打ち込んでいることにヤキモチを焼くカタリーナだった。

 

アルテと工房見学のカタリーナ

 

アルテから離れたくなくなってきたカタリーナは工房に一緒に見学に行く。

 

工房の仕事に興味をもつカタリーナだった。

 

見学先の工房での案内をしてくれていた工房の徒弟マテイとの会話でアルテが元貴族ということがわかってしまう。

 

その時のマテイの何気ない言葉がアルテに突き刺さってしまう。

 

仕事で気を落ち着かせるために

 

そこでのマテイの会話が気になって仕事に焦りを感じ、仕事に打ち込む決意をするアルテ。

 

貴族だから、女性だから仕事があると思われる自分が嫌になっていたのだ。

 

カタリーナの相手もそこそこに食事も摂らずに仕事ばかりの生活が続く。

 

カタリーナもアルテとの時間がなくなったのを寂しく思ったり心配な様子だった。

 

カタリーナは侍女のダフネにもアルテのことを聞くようになって、アルテの状況をダフネから伝えられる。

 

聞いたカタリーナはさらに心配がいっそう大きくなるのだった。

 

一方、アルテのほうもマテイの言葉が離れない状況が続く。

 

貴族で女性だという理由で仕事があると思われているのに自分自身が納得ができないアルテだっのである。

 

寂しさと不安からふと親方のレオを思い出す。

 

レオも同じ

 

場面は変わって舞台はフィレンツェに戻る。

 

レオはパンの買い出しにアルテが来る前まで頼んでいた子供に任せていた。

 

その男の子がパンを買ってきたときに発した一言。

 

「まえの徒弟の女の人ってやめちゃったの?」

 

その一言でアルテのいない工房を実感してしまう。

 

レオもアルテのいないのを寂しく思っているようだった。

 

ウベルティーノとの仕事の打ち合わせの帰りの玄関先でアルテの友人のアンジェロにも同じことを聞かれてしまうのであった。

 

アルテ過労で倒れる

 

不安を紛らわせるために仕事に精を出したアルテだったが、疲れのための倒れてしまう。

 

心配してたカタリーナもその場に居合わせ、泣き崩れていた。

 

ただ、ユーリはアルテの体調を心配しながらも、カタリーナが泣くほど取り乱したことを責めるのだった。

 

そして、倒れるほど仕事をするのは止めておくように伝えた。

 

冷たく言い放ったユーリでしたが、アルテを心配しての一言だったのでしょうね。
この言葉でアルテは無理をしなくなったはずです。
ユーリのキャラクター設定ってすごいですね(笑)。

 

その後もカタリーナはアルテの様子をうかがい続ける。

 

アルテもそのカタリーナに監視されていることに気がついているのであった。

 

カタリーナはお風呂場まで来るほどに心配していた。

 

翌日、アルテはカタリーナの肖像画のための装飾品のデッサンを見せた。

 

それに感心するカタリーナだった。

 

様々な勉強をするアルテに刺激を受けたカタリーナは貴族の心構えを知ることになる。

 

カタリーナの仕返し

 

アルテはカタリーナの肖像画を完成させた。

 

それをカタリーナに見せるとその絵を持って工房に向かい走り出す。

 

そしてマテイに肖像画を見せて、アルテがどれだけ努力をしているかを伝えたのだ。

 

貴族で女性だからというだけで仕事ができているわけじゃないのよっ」と言い放ったのでした。

 

カタリーナ、すごくアルテのことを理解して、慕っているのだとちょっとウルッとしてしまいましたね^^

 

それほど、アルテのことを心配していた。

 

ユーリが部屋で待っていた

 

その出来事が終わり部屋に戻ったアルテ。

 

ユーリが部屋で用事があるとのことで待っていたのだ。

 

先程の出来事とカタリーナの行動をユーリに報告するアルテ。

 

その話を聞いたユーリはアルテをヴェネツィアに来てもらって正解だったと言う。

 

続けて、自分がパトロンになるからヴェネツィアで仕事をしないか?と提案したのであった。

 

その答えが12話で明かされる。

 

思いやり、思いやり!の物語ですね。

 

ユーリの冷静な思いやり、信頼できる年上の家庭教師に対するカタリーナの思いやり。

 

感動するシーンが満載のアニメ。

 

ツイッターでは泣けてしまったという感想も出ているそうですよ。

 

次回、最終回楽しみです^^

 

 

 

page top