アルテ10話見逃し

アルテ10話見逃し配信

徐々にカタリーナと打ち解けかけてきたアルテでした。

 

さて、今回の10話はどのような展開になっていくのでしょうか。

 

見逃し配信サイトはいまのところ、FODプレミアムのみです。

 

FODプレミアムロゴ

 

⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

では、アルテの公式サイトから発表されているあらすじをどうぞ。

 

アニメ アルテ10話「カタリーナの晩餐」あらすじ

 

アルテはカタリーナから晩餐の招待を受ける。

 

ユーリの家の厨房で料理を楽しそうに作っている姿を見て、アルテはカタリーナの意外な一面を知ることとなる。

 

そしてカタリーナが自らの過去を語り、彼女がきちんとした振る舞いをしない理由を知ったアルテ。

 

すべてはカタリーナの幸せのため。悩んだ末に出したアルテの行動とはいったい・・・

 

アルテの公式サイトの10話のあらすじ引用

 

アルテの9話終了間際から10話のネタバレ&感想

 

9話の終わりにカタリーナに信用してもらえたアルテはカタリーナの晩餐に招待されることになったのです。

 

それから10話がはじまります。

 

カタリーナの晩餐にお呼ばれされたアルテ。

 

活き活きとしているカタリーナに驚きを隠せないアルテでした。

 

同時に貴族であるユーリまでも給仕をする姿にアルテは感心する。

 

そして、アルテはなぜカタリーナが料理を始めた理由を聞く。

 

それはパン粥の美味しさを知ってからだという。

 

養育地の幼少の頃を思い出すカタリーナだったのですね。

 

そしてカタリーナの貴族に対する考えをはっきり伝えられる。

 

カタリーナの言葉を聞いてアルテも共感したのでしょうねl

 

その夜、ユーリからカタリーナの小さい頃からの経緯を教えてもらうことになるのです。

 

まず、アルテが家庭教師として呼ばれている理由はカタリーナの幸せのためであるということ。

 

それを聞いて安心したアルテであった。

 

当時の裕福な子供は乳母が育てるのが一般的であった。

 

そこで乳母に選ばれたのがカタリーナが思い焦がれるボーナであった。

 

しかし、ボーナはカタリーナが6歳の頃に亡くなってしまう。

 

カタリーナの小さなころからの体験で今の頑なな態度になってしまったのだとアルテは理解する。

 

自宅に戻ったときのカタリーナの孤立

 

一緒に船で自宅に帰るとカタリーナには誰も関心のない状況であるとアルテが気づいてしまう。

 

そこでアルテはジモに会いに行こうと提案する。

 

ジモには手紙も書いていたが拒絶された経緯があった。

 

一旦はジモに会いに行くのを断ったカタリーナだった。

 

アルテはソフィアとの約束を忘れていたことを侍女から伝えられる。

 

両親の話を聞いてしまう

 

大急ぎで向かうとソフィアがカタリーナの父親のマルタと話している。

 

そこにはカタリーナの幸せを考えることのない父親の意見をきいてしまう。

 

マルタの愛情のなさを痛感したアルテはカタリーナを保養地時代のジモに会わせたいと思ってしまう。

 

それを知っていたユーリはジモの居場所を調べていてアルテに教えたのです。

 

ジモの住んでいるムラーノ島に向かう

 

アルテの決心でジモのいるムラーノ島に向かうことになったカタリーナ。

 

島に着くとジモの存在に気がつく。

 

そのジモとのやり取りでカタリーナは自分はボーナやジモの本当の家族でないのを自覚させられることになるのです。

 

ただ乳母だったボーナがカタリーナのことを死ぬ間際まで心配していたこともつたえられたのです。

 

そうしてカタリーナは今の自分を取り戻すことになりました。

 

アルテに解雇宣言

 

勝手にムラーノ島にカタリーナを連れ出したことがバレてしまいマルタがアルテを解雇すると言い出す。

 

そこにカタリーナがきちんとした立ち振舞で父親に対面する。

 

アルテに家庭教師を続けてもらいたいと父親に嘆願する。

 

それをマルタは拒絶するのでしたがソフィアがそれをかばうことになって解雇は取り消されることになったのです。

 

主人に意見をするのが初めてだったソフィアは震えていた。

 

それを見ていたカタリーナ。

 

愛する母親に抱きしめてもらいたいとソフィアに。

 

2人が母娘になった瞬間でした。

 

今まで何もできなかったソフィアの反省と、しかしカタリーナを大事に思っていた愛情がカタリーナに伝わった瞬間でした。
感動的な場面でした。

 

11話に続いていきます。

 

page top